社団法人国土緑化推進機構
「緑と水の森林基金」

津波と海岸林に関する調査研究事業
(平成22年度調査報告書)

平成24年1月
森林保全・管理技術研究会

目    次

 

はじめに−津波と海岸林に関する調査研究事業について−−−−−−−−−−−−−−−1

 

1章 津波と海岸林に関する資料の収集・分析(河合英二−−−−−−−−−−−−9

 

1.過去の調査報告書による海岸林、防潮林の高潮、津浪に対する効果−−−−−−9

2.これまでの分析、実験、数値シミュレーション等による減災効果−−−−−−−10

3.人工盛土(植栽基盤)と海岸林造成の組み合わせによる津波減災効果−−−−−17

 3−1 盛土と海岸林の選択

 3−2 参考資料:防潮林・樹木の津波軽減機能に関し提案された数式

4.行政機関復興計画情報の概要−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−32

4−1 「減災」という考え方(東日本大震災復興構想会議:内閣府中央防災会議)

4−2 防波堤による減災効果交通政策審議会港湾分科会防災部会:国交省)
4−3 津波の規模や発生頻度に応じた防災・減災目標の明確化(東日本大震災復興構 想会議:内閣府中央防災会議
4−4 域類型と復興のための施策(東日本大震災復興構想会議:内閣府中央防災会 議)
4−5 東北地方太平洋沖地震を教訓とした地震・津波対策に関する専門調査会 報告 (案)要点
4−6 海岸防災林の再生方針(東本大震災に係る海岸防災林の再生に関する検討会: 林野庁)

4−7 東日本大震災の津波被災現況調査結果(第2次報告) (国交省)

4−8 過去に高地移転等の措置が取られた地域における今回の被災状況(内閣府)

  5.津波被害画像公開サイト−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−46

 

 

 

2章 東北地方太平洋沖地震による海岸林の効果と被害について−−−−−−−−−−51

 

1節 衛星画像解析による津波被害の把握(越智士郎、野々口義延−−−−−−−51

1.はじめに−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−51

2.分析手順−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−52

     2−1 被災前 衛星画像

     2−2 被災後衛星画像

     2−3 パンシャープン画像の作成

     2−4 被災した可能性のある地域の切り出し

     2−5 NDVIによる被害度の比較

     2−6 被害分布図の作成

     2−7 集計結果

3.考察−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−69

2節 現地調査報告(大野亮一)−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−71

1.被災した海岸林の特徴−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−71

2.現地踏査概況−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−73

2−1 岩手県陸前高田(高田松原)

2−2 宮城県気仙沼南部(大谷海岸)

2−3 宮城県石巻南部(矢本海岸)

2−4 仙台荒浜地区

  3.流木にみる根系分布の特徴−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−89

   3−1 健全分布型

   3−2 中央集中型

   3−3 多分岐型

   3−4 無垂直根型

   3−5 まとめ

 

3節 海岸林の被災状況の把握(渡邊悦夫)−−−−−−−−−−−−−−−−−−93

1.現地調査−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−93

1−1 調査個所

1−2 調査時期

1−3 調査内容

1−4 調査方法

1−5 調査結果

2.海岸林の被災状況−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−102

2−1 気仙沼市大谷海岸

2−2 石巻市長浜

2−3 岩沼市寺島

2−4 その他(委員会現地視察地)

3.海岸林の有無と後背地被災状況の比較検討−−−−−−−−−−−−−−−−116

3−1.海岸林の被害度を決める要因と被害状況

3−2.石巻市長浜における海岸林の効果

3−3.海岸林被災状況と後背地被災状況の関係

 

4節 クロマツ引き倒し試験の結果(北原 曜)−−−−−−−−−−−−−−−−121

1.クロマツ引き倒し試験の必要性−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−121

2.クロマツ引き倒し試験の対象地と方法−−−−−−−−−−−−−−−−−−122

3.試験結果と考察−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−123

第3章 海岸林の復旧にあたって−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−127

 

第1節 防潮林造成にあたっての提言(北原 曜)−−−−−−−−−−−−−−−−127

 

第2節 復旧計画の中での海岸林のあり方(河合英二)−−−−−−−−−−−−−−129

1.海岸林、防潮林の幅(厚み)について−−−−−−−−−−−−−−−−−−−129

2.津波被害軽減効果を発揮する海岸防災林の配置・構造について−−−−−−−−132

3.津波による被災地域の人工盛土工と海岸防災林の造成方法−−−−−−−−−−133

3−1 人工盛土工造成上の問題点1:地下水位と盛土高さ

3−2 人工盛土工造成上の問題点2:土壌硬度

3−3 東北地方地震津波災害における海岸林の効果

3−4 一般論としての地盤沈下、津波浸食による海浜の消失と住民移転の意向

3−5 津波対策(多重防御)として望ましい海岸林の再生と復旧、整備

 

第3節 提言(沢田治雄、越智士郎)−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−147

1.平野部海岸林−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−148

1−1 200m程度の幅広の林帯が確保できる場合

1−2 十分な幅の林帯が確保できない場合

2.リアス式海岸内低地部−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−153

3.リアス式海岸沿岸部−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−154

4.平野部内陸林−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−156

5.その他の課題−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−159

 

第4節 提言(渡邊悦夫)−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−160

1.市街地・農地等復旧計画における海岸林の配置のあり方−−−−−−−−−−−160

2.津波被災跡地等における海岸林の造成、改良技術について−−−−−−−−−−160

2−1 基本的な考え方

2−2 林分構造

2−3 地盤

2−4 構造物(防潮堤、防潮護岸)

 

第5節 海岸林の造成管理について造林・生態的観点からの配慮すべき点(藤森隆郎)163

1.樹冠構造と幹の成長との関係−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−163

2.立木密度と成長との関係−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−163

 

第6節 海岸防災林の再生に向けて(太田猛彦)−−−−−−−−−−−−−−−−−169

1.被災地復興計画と海岸林再生事業の関係−−−−−−−−−−−−−−−−−−169

2.海岸防災林再生事業の実施に当たって−−−−−−−−−−−−−−−−−−−170

 

第4章 ボランティア活動のためのやさしい海岸林植栽の手引き−−−−−−−−−−−−173

 

  1.海岸林植栽の手引−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−174

   1−1 苗木の植栽作業の準備

   1−2 苗木の取り扱い

   1−3 植え方

  2.海岸林、森林にに関する知識−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−179

  3.津波の基礎知識−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−185

 

おわりに−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−189