公益社団法人 森林保全・管理技術研究所
Research Institute of Forest Conservation and Management
(略称 FCOM)

設立目的
 公益社団法人森林保全・管理技術研究所は27年4月1日に公益社団となりました。
本研究所は、森林保全・管理技術に関する調査研究、技術開発、技術情報の集積・分析等を行い、森林保全・管理技術の構築及び普及啓発並びに森林技術者の技術の向上及び継続教育の支援等を推進し、もって国土の保全、森林・林業の発展、科学技術の向上に寄与することを目的としています。
新着情報  お知らせの更新
2017.07.31 地すべり対策技術の現状と今後のあり方に関する調査研究
平成28年度報告書(29年6月)を掲載しました。
2017.06.29 (公社)森林保全・管理技術研究所の総会を6月7日に行いました。
役員、事業計画等をアップしました
2016.11.09 平成25年版治山技術基準解説(地すべり防止編)手引き」講習会を開催します。
平成281215日(木)前橋市(前橋さくらホテル)
2016.08.02 地すべり対策技術の現状と今後のあり方に関する調査研究(平成28年6月)
[平成25年版治山技術基準解説地すべり編 手引き]を掲載しました
2016.08.02 治山施設等の点検・補修等手法の開発に関する調査研究(平成28年6月)報告書を掲載しました。
2016.06.21 平成28年度総会を平成28年6月13日に開催しました。27年度事業報告等をHPに掲載しています。
2015.04.01 公益社団法人森林保全・管理技術研究所は27年4月1日に公益社団法人となりました。
2015.02.02 公益法人化に向け定款の変更を行いました。(定款)
2014.10.22 水土保全技術手法に関する調査研究の森林技術者研修会(東京会場)のご案内
2014 .09.10 森林保全・管理技術研究研究開発事業 前期五カ年計画報告書(平成21年度〜平成25年度)[平成26年6月]を掲載しました。
2014 .09.10 新たな森林施業に対応した水土保全技術手法に関する調査研究(平成26年年6月)報告書を掲載しました。
2014.02.26 海岸林の役割と再生の考え方
ー被災した海岸林の再生をやさしく解説ー(平成25年6月発行)
をHPアップしました。
2013.11.26 平成25年度森林技術講習会の開催
日時:平成25年12月17日(火)13:00〜17:15
演題:森林整備に関する環境調査の考え方

講師:亀山 章(東京農工大学名誉教授)他
2013.11.25 森林整備(治山、林道含む)に関わる環境調査基準に関する調査研究
(2013年6月)報告書を掲載しました。
[森林保全・管理技術研究会の実績です。]
2013.11.25 治山事業における新たな災害対応技術に関する調査研究
−その課題と新しい考え方―(平成25年5月)
報告書を掲載しました。
[森林保全・管理技術研究会の実績です。]

2013.04.01

本研究所は森林保全・管理技術研究会の実績を引き継ぎ4月1日に法人化しました。
  以下は、森林保全・管理技術研究会(旧組織)の実績です。
2012.04.18 森林保全・管理技術の現状と今後のあり方(報告書)を掲載しました。(2012年1月)
  (治山技術基準の手引き)を含む。
2012.02.28 路網整備と森林施業(特に間伐)技術体系に関する調査研究(報告書)を掲載しました。(2012年2月修正)
2012.02.18 津波と海岸林に関する調査研究(報告書)を掲載しました。
2012.02.18 「津波と海岸林に関するシンポジウム」(仙台市)模様(写真)を掲載しました
2012.02.18 シンポジウム質疑応答要旨(仙台市)を掲載しています。
 (苗木の根切りが生長に及ぼす影響についてー補足説明あります)
事務局 公益社団法人森林保全・管理技術研究所
〒102-0085 東京都千代田区六番町7番地 日林協会館5F(地図)
事務局  電話 03-5212-8148  E-mail  office@hozen-ken.jp